【修理できない人必見!?!?】車屋として車の傷をお金をかけないで目立たなくする方法

|ω・`)ノ ヤァ

根本的に記事を書き直していこうと思う

今や車屋となった私がこの記事を手直ししていこうと思うよ!!

【修理できない人必見!?!?】車の傷をお金をかけないで目立たなくする方法!!

 

給料日やボーナスが来たらキズを直そう。それまで我慢だと思っている、あなた待って!!

 

車の傷、雨に打たれると1日で錆び始めます。

私がそうでした。

そうすると、塗装内で中で腐食が進み、余計に修理代が高くなります

 

また、飛び石などの小さな石が当たったような傷なら消えます

是非、修理に出すまでの間でもいいので、今回の記事を参考にやってみてください。

前回は、無残にもぶつけてしまった車を修理業者に持っていった話でした

車擦って40万円かかるって言われた話

今回の作業に時間は結構かかりました。しかし、出来栄えもそこそこです。

まず用意するものからいきましょう!

今回行うのは車の塗装について何も知らない素人が勝手に判断して行っているだけのものですので、あくまでも自己責任でどうぞ。

消えるキズ消えないキズ

まずこれについて書かないといけないですね

基本的に何かに擦ったような傷、ようするに車内にいて「ガリガリ」という音が聞こえてしまったキズは消えません・・・
もう二度と聞きたくない音だ・・・

じゃあ逆にどんなキズなら消えるの?ということですよね

簡単です

 

「爪で分かるか分からないか」なんです

 

人間の指先ってすごく敏感なんです

そのうえで、キズを爪でスーッと上から下になぞってみてください。

あれ?このキズ感じないぞ?と思ったらそれは消せる傷です

ほんっとうに多少感じるものならワンチャンいけるかもしれないっすね(;’∀’)

用意したもの

・マイクロファイバータオル(雑巾でも可能)

・コンパウンド

・タッチアップペン

・サンドペーパー(紙やすり)
私は使いませんでした

以上です

オートバックスさんで4000円程で揃っちゃうんですよ( ゚Д゚)

 

コンパウンドで磨く編

私はオートバックスさんでこちらのコンパウンドを購入いたしました。

そもそもコンパウンドってなんですかね?

コンパウンドとは、ボディ表面についた傷を消すために使用される研磨剤のこと。コンパウンドを直訳すると「混合物」、「合成物」という意味で、車の世界ではさまざまなコンパウンドが用いられています。たとえば、タイヤの素材として使われる材料もコンパウンドと呼ばれています。こちらの記事ではカー用品業界でのコンパウンド、車の塗装についた浅い傷などに使う研磨剤のことを、コンパウンドとして紹介させていただきます。

サンドペーパー(紙やすり)の表面についているザラザラした部分も研磨材ですが、紙に研磨剤が接着されているサンドペーパーに対し、コンパウンドは粉状の研磨剤を薬剤と混ぜ合わせ、ペースト状もしくは液体状になったものがほとんどです。サンドペーパー同様にさまざまな目の細かさの商品が販売されていますが、微細な研磨が行えるものが多く、スポンジや布に少量出して手で磨いたり、ポリッシャーという機械にパフ(研磨用の布)を装着し、回転させて研磨したりなどの方法で用いられます。

コンパウンドを使えば「車の傷を消すことができる」と上述しましたが、厳密に言えばコンパウンドは研磨剤なので、傷を埋めることはできません。コンパウンドの傷消しの原理は、車のボディについた微細な凹みである傷周辺をなだらかにすることで傷を目立たなくする仕組みです。
©クルマ選びの総合支援ポータル オートックワン
http://autoc-one.jp/knowhow/3387789/

まとめると、金属研磨剤です。

では早速コンパウンドで傷を消していきましょう

こちらのコンパウンドは左から順に使うことによって、傷を消していくもです。

緑のキャップのものから順に磨いていきます。

この際、タオルや雑巾の上部のみ濡らしてやって、そこでコンパウンドを適量取り、力を入れて磨きます。

ゴシゴシ磨き→濡らしていない下の乾いた部分でふき取る

これを緑→赤→黄と繰り返しやっていくと・・・

仕上がり具合がこちらです

分かりにくい(;’∀’)

前述した通り、コンパウンドで消える傷は消すことができました\(^_^)/

 

タッチアップペンで色を塗っていく編

色々と調べた結果、やすりで磨きませんでした。

やすりで塗装を剥がすの面倒くさかったですしね(;’∀’)

唯一錆びていたところだけ磨いたかなぁ…

板金が見えているところ、コンパウンドで消えなかった擦り傷をタッチアップペンで塗っていきます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塗り終わりがこちら

色も浮き出ることはなく、遠くから見ると分かりませんでした(^▽^)

光に当てて近くから見れば、塗ったのかなぁと分かりますが、本当に遠くからだとわかりませんでした

こんな感じに浮き出ます。

塗るときに気づいたのですが、実は事故をしてから2日しか経っていないのですが、錆が発生していました。

タッチアップペンは錆防止にもなりますので、修理するまでの間が長いような方も塗っておいてください。

錆びてしまうと、見えないところで錆が進行してきますからね。

余計に料金がかかってしまいますのでご注意ください。

なので、高速道路を走っていると、飛び石で傷がつきますよね?
あれ位の傷でも錆びていくんだなぁと勉強になりました。

まとめ

今回は一瞬の判断ミスで40万円という高い修理代を課せられましたが、所詮は中古車なので、売るときもそこまで値が付かないのは分かっていますし、僕が買い取ったとして、代車で直して使うか?しかもこの色をと考えたら、直しませんし、使いませんねw
事故現状車として、オークションに出しますw

13年落ちまでは走りこむつもりなので、別に傷が見えなくなるならいいですw

多少擦ったレベルであれば、これからもタッチアップペンのみで塗装していこうかな~w

以上!

↓Next Brog

【愛知県名古屋市】名古屋飯に迷ったら麺屋はなびの台湾まぜそばを食え!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサードリンク

LINE@始めました

またTwitter、Facebookやってますので、フォローとイイネをお願い致します!!
スマホで閲覧の方はボタンを
友だち追加
PCから閲覧の方はこちらのQRコードから登録してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です